採用情報

社員インタビュー

成功した時には一緒に感動を分かち合い、失敗した時はみんなでカバーし合いながら、チャレンジしたことを評価してくれる会社

コーディネーター

Why GFC?

年齢が30歳を迎えるにあたり、環境を変えてみたいということがきっかけでした。
仕事内容が過去の経験を十分に活かせる業務であること。自分自身を成長させる職場であること。
そして、人に感動を与えられる仕事ができればと感じGFCを選びました。

Interview

転職を意識したきっかけは?
前職ではソフトウェア開発会社で、8年間既存のお客様をメインに営業を行っておりました。特に大きな不満があったというわけではなかったのですが、入社してからいろいろと積んだ経験を元に、そろそろ新しいキャリアにチャレンジしてみたいと思いたち、リクナビNEXTにスカウト登録をしました。

今までパッケージソフトをメインの商材としてきましたが、今後はインフラの分野にも知識を深めていきたいと考えていたところ、まさに自分が思い描いていた転職先であった、グッドフィールドアンドカンパニーよりプライベートオファーを受け取り、早速面接に行ってみようと思いました。
面接での印象は?また入社後印象が変わった点は?
面接官はみんないい人でした(笑) そのため安心して選考を受けることができましたし、面接担当役員が「人に喜んでもらえることをしよう。そのためには失敗を恐れなくていい。チャレンジをしていい。」と言ってくれたことが特に印象的で、ぜひここで自分の可能性を伸ばしたいと思いました。

入社してからもその印象は変わらず、社員みんなが「人」を大事にする風土には居心地の良さを感じます。
チャレンジが成功した時には一緒に感動を分かち合い、失敗した時はみんなでカバーし合いながら、チャレンジしたことを評価してくれる会社というのは他にはめったにないのではないでしょうか?

また会社規模が大きすぎないので社長や経営陣との距離も近く、方針やビジョンもトップダウンではないため、自分のミッションとして捉えることができます。また、会社が私自身を営業マンとしてだけでなく、一人の人間として評価をキチンとしてくれていることも、働くモチベーションとなっています。
現在のお仕事内容は?
コーディネーター(営業)として私は新規のお客様をメインに担当しておりますが、新規と言っても飛び込みや電話でのテレアポなどではなく、お客様やメーカー様からのご紹介が案件の9割を占めます。

ITというサービスの特性上、お客様にとっては「どれを買うのか?」というより、「誰から買うのか?」が満足度を測るキーになるため、お客様が持つ独自の悩みをじっくり聞いて、解決に必要なキーワードをいかに洗い出すことができるかが重要です。

営業ですから、売上を立てるということはもちろん意識しますが、それ以上に「顧客や関係する社内のメンバーに感動を与えるためにはどうすればいいか?」に全力を注ぐことができるので、その結果お客様から「あたなに頼んでよかった」と言われた際には本当に嬉しく感じます。
将来のプランは?
まだ入社して2年なので、まずはどれだけ成果を上げられるかにチャレンジしたいと思います。その後は営業のスペシャリストとして、後進の育成含めいろいろなキャリアにもチャレンジしたいと考えています。
会社としては、今顧客が全国規模で増えていますので、今後は地方のお客様にもスピーディな対応ができるよう、支店なども増やしていけるといいなと思います。